もしかして私ってびまん性脱毛症?

びまん性脱毛症とは女性特有の薄毛で頭部全体が薄く見える症状のことを言います。

といっても、頭部全体が薄く見えるのであって、脱毛を発症しているわけではありません。

つまり、髪そのものは存在するのですが、髪一本一本が細くなってしまい地肌が透けるくらい薄く見えるというものです。

そして、びまん性脱毛症には原因が様々で、数えたらキリがないのでその中でも最も多い例を挙げていきます。

女性のびまん性脱毛症の原因

1 加齢や老化

女性は年齢とともに女性ホルモンが減少していきます。大体40代を境に減っていきますが、出産を経験しているなら産後脱毛症に伴うこともあります。

そして、女性ホルモンのエストロゲンが女性の髪に大きく影響します。

つまり、女性ホルモンが減ると女性の髪は細く痩せたり、髪質が大きく変化したりするのです。

2 ストレス

ストレスは自律神経や副交感神経のバランスを乱してしまいます。それら神経は血流や女性ホルモンなど体に必要な分泌物をコントロールする大切な神経で、その乱れは女性の薄毛へとつながってしまいます。

3 ダイエット

女性に多いダイエットは髪の栄養不足になりがちです。髪に送られる栄養は摂取した食事の約10%未満だといわれており、ダイエットをすることでそれらの栄養がすべて体の命に係わる臓器などに配られるようになります。

そのため極端な食事制限を伴うダイエットはおすすめできません。

4 運動不足

運動不足も体の基礎代謝を鈍らせます。運動と言っても大したことはなく普通に歩いたり、するだけでも良いのです。でもデスクワークなどのお仕事の人は特に運動不足による血行不良にも陥りやすいので要注意です。

5 睡眠不足

睡眠不足も良くありません。寝ているときは成長ホルモンなどが分泌し髪の成長を促す大切な時間です。

この睡眠を削ることは自ら髪を細くしているのと同じになります。

びまん性脱毛症は加齢や老化現象を除けばほとんどは生活習慣が関係するいわば生活習慣病の側面があります。

ですから生活習慣を徹底して見直せば数年後には改善が望めるかもしれませんね。

でも、何年も改善することを待ってられますか?

もっと早く髪の毛を太く元の状態に戻したいですよね?それなら女性用育毛剤を使うのは必須です。

その前に、女性用育毛剤を使わなくても改善できる方法を下記に挙げてみました。

びまん性脱毛症を改善させる方法

1 皮膚科 婦人科

一度、皮膚科や婦人科で相談してみてください。病院によってはどのような診断結果になるかわかりませんが、何かの糸口くらいは見つかるかもしれません。

2 薄毛専門クリニック

最近は女性の薄毛専門クリニックも大分増えました。クリニックの場合医者が治療にあたるので大きな改善が見込めます。
ただしコスト面でちょっと心配ですね。

3 育毛シャンプー

育毛シャンプーは抜け毛予防に最適です。しかしすでにびまん性脱毛症を発症しているなら育毛シャンプーではなく女性用育毛剤を使った育毛ケアが必要です。

女性のびまん性脱毛症を改善するための初期症状の見極め

女性のびまん性脱毛症は初期、中期、末期と症状を分けることができます。

そして、比較的初期の段階だとからんさ育毛剤による自宅ケアで気軽に改善させることも可能です。

その見極めは次の通りです。

1 頭皮がかゆくなる

2 髪が細くなってきた感じがする

3 髪がうねる

4 髪が乾燥する

これらの症状がびまん性脱毛症の初期症状だと思っても良いでしょう。

このときにからんさ育毛剤で早めのケアが大切です。

当サイトではからんさ育毛剤を推奨してます。

なぜからんさ育毛剤なのかというと女性の薄毛(びまん性脱毛症)をケアすることに優れているからです。

その理由こちらの記事に詳しく書いているので読んでみてください。

女性用育毛剤【からんさ】エビネ蘭エキスが女性の薄毛の悩みを解決!